「夏休み」1986年のカノコユリ

8月 6, 2016

お盆をひかえ、夏休みも中盤ですね。

本日は、その名も「夏休み」という作品をご紹介します。

shisuko tohmoto

「夏休み」 130.3×162 キャンバスに油彩 1986年  個人蔵

Pictured: Shisuko TOHMOTO, ”Summer vacation”,1986, Oil on canvas, 130.3 x 162 cm.”

この作品は、いまからちょうど30年前の1986年に制作されました。

まず、画面右下には「西洋アサガオ」、画面左側には下から「斑入りヤブラン」、「ツユクサ」、「カノコユリ」が描かれています。1986年の夏は、この花たちがシスコの小さな庭を彩っていました。中でもカノコユリは、嫁の浩子が宮崎県延岡市の実家から球根を持ち帰って植えたもので、シスコもその美しさのとりこになり、熱心にスケッチをしました。よく見ると、カノコユリに西洋アサガオのツルが巻き付いている様子も描かれています。

shisuko tohmoto

「カノコユリのスケッチ シスコ,61年7月26日,73才」 1986年(昭和61年)

shisuko tohmoto

「カノコユリのスケッチ 7月26日,晴 朝6時 シスコ73才」 1986年

そして画面中央には、たくさんの人物が描かれています。花を愛でながら歌っているような女性達、蝶々をつかまえる子供達、裸で転げ回っている子供もいます。その中を当時シスコが飼っていたルリコシボタンインコが飛び回り、手に乗せたり餌を食べさせたりして一緒に遊ぶのです。

画面上には、シスコの故郷である熊本の穏やかな山景色が見えます。

手前に描かれた花々は現実の世界ですが、その向こうにはシスコの理想が広がっているのです。

現在、この絵は福岡県小郡市の保育園に飾られ、子供達の健やかな成長を優しく見守っています。(弥)

Comments are closed.