KENICHI TOMOTO OFFICIAL

塔本賢一 KENICHI TOMOTO

塔本賢一

1943 熊本市に生まれる。独学で絵を学ぶ

1970 具現美術協会「具現展」大阪市教育委員会賞

1971 具現美術協会「具現展」岡崎鉱産物賞

1972 具現美術協会「具現展」大阪府知事賞

1973 妻、浩子とふたりで塔本美術教室を始める

1974 個展 ミツワギャラリー

1975 個展 大阪府立府民ギャラリー

1976 個展 大阪府立府民ギャラリー

1977 「20回新協美術展」(東京都立美術館)努力賞 井上賞 神谷賞

1978 新協美術関西展(大阪市立美術館)知事賞

1979 個展 大阪府府民ギャラリー

1980 「京展」紫賞,「大阪現代美術展」佳作賞,「芦屋市展」ライオンズクラブ賞

1981 「京展」市長賞, 個展 大阪府立現代美術センター

1982 「京展」市長賞, 「第5回現代日本絵画展」佳作, 「全関西美術展」2席

1983 「コラージュ公募展」特賞,現代日本美術展(京都市美術館)

1984 個展「塔本賢一 一人点展」(京都府ギャラリー)

1985 「第7回ジャパン・エンバ美術コンクール」U氏賞

1985 「第29回安井賞展」出品 『B氏の肖像』, 「第3回吉原治良賞美術コンクール展」入選『D氏の肖像』

1986 「京展」須田賞

1987 「第9回ジャパン・エンバ美術コンクール」京都国立近代美術館賞『This animal is found in Earth Zoo』

1988 「新収作品展」(京都国立近代美術館),第一回アクリラート展 (O美術館)

1989 「第1回人間賛歌大賞展」奨励賞,  「絵画、今・・・」展(京都市美術館 三重県立美術館、埼玉県近代美術館)

1991 「第3回絵画公募展はままつ’91」大賞,「風の芸術展」佳作賞,「天理ビエンナーレ」奨励賞,「80年代絵画の一面」(芦屋市立美術博物館),「現代美術10人展」(京阪百貨店),「C.A.F展」(埼玉県立近代美術館),「現代アート展」(熊本パルコ)

1992 「第2回花の美術大賞展」ゆめ賞,「ABC&PI展」OBAYASHI賞,「創造の森野外展」(創造の森こども美術館),「花と彫刻展」(靭公園),「’92 アート・ナウ」(枕崎市文化資料センター南溟館)

1993 「第3回花の美術大賞展」大賞,「第3回現代ART展 現代美術の視点」展(熊本県立美術館 分館)

2000 「第5回小磯良平大賞展」入選, 「第3回 川の絵画大賞展」佳作賞 『生命は一つの源から発している』

2002 「第6回小磯良平大賞展」入選 『少女H』

2004 個展「<部分>の躍動」(市立枚方市民ギャラリー)

2007 「第8回小磯良平大賞展」入選 『トンボの話を聞く5賢人』

2009 個展 塔本賢一の旅路 (企画工房 卍字楼/京都)

2010 個展 塔本賢一の旅路 その二(マサゴ画廊/大阪)

2011 個展 塔本賢一の旅路 (SELF-SO アートギャラリー)

2014 個展 塔本賢一展 (Note Gallery/大阪)

2015 個展 塔本賢一展 (企画工房 卍字楼/京都)

2016 個展 塔本賢一「バラの話」(Note Gallery/大阪),個展 塔本賢一「薔薇の話 その2」(アートスポットギャラリーマーヤ/大阪)

2017 「第7回老いるほど若くなる展」グランプリ天衣賞, 「第4回宮本三郎記念デッサン大賞展」入選

2017 8月16日 逝去

<コレクション>京都国立近代美術館 エンバ中国近代美術館 北里研究所 浜松市美術館 植野記念美術館 松本市美術館 メセナ枚方 ハーモ美術館

<著書>「シスコと生きる」(ギャルリー宮脇) 「塔本シスコ絵の手帖」(平凡社コロナ・ブックス)

宮本三郎記念デッサン大賞展

第4回宮本三郎記念デッサン大賞展 入選 「Mさん」

塔本賢一

(塔本賢一・ひろこ2人展 西利ぎゃらりぃ)

塔本賢一

(個展 アートスポットギャラリーマーヤ)

塔本賢一展 2011年5月21日(土)~29日(日) SELF-SOアートギャラリー

塔本賢一

<枚方市に煌めくアール・ブリュットの星座30人展 枚方市市民ギャラリー>塔本美術教室では、障がいのあるなしに関わらず生徒を受け入れ、「楽しく創作する」をモットーに指導し、障がいのあるかたの個展やコンクール出品のサポートにも全力で取り組みました。※塔本美術教室は塔本賢一・ひろこ夫妻が他界したため、2018年3月に運営を終了しました。

塔本シスコ

<塔本シスコ展 宇城市不知火美術館>

塔本シスコ

<没後10年 塔本シスコ展 永井画廊>

塔本賢一は、母である塔本シスコの創作活動を全面的にサポートし、シスコが他界してからも普及に尽力しました。

 

塔本シスコの制作記録(撮影・塔本賢一)

シスコが認知症を発症してからも、朝晩必ず、話しかけたりビデオを撮ったりして制作を見守りました。

塔本賢一

<金沢の松風閣庭園にて、妻ひろこと。ふたりはいつも一緒でした>

最後まで読んで頂きありがとうございました(弥)