生誕100年 塔本シスコ展 この喜びは何だろう

11月 3, 2013

塔本シスコの生まれ故郷である、熊本県宇城市の不知火美術館で『生誕100年 塔本シスコ展 この喜びは何だろう』が開催されました。
不知火美術館

図書館が併設された美術館です。庭も広々としており、お天気の良い日は家族で一日中過ごせそうです。

shisuko thomoto

塔本シスコの初期の絵から晩年の絵まで、一気に鑑賞できる贅沢な展示となりました。

shisuko thomoto

 

熊本と言えば、阿蘇山。塔本シスコが愛した根子岳を描いた「ネコ岳 ミヤマキリシマ」(1989年)。ガラスケースの中には、瓶や陶器のオブジェが並びます。

shisuko thomoto

 

塔本シスコが子供の頃を思い出して描いた素描作品も展示されました。

shisuko thomoto

 

皆さん、ゆっくり鑑賞されていました。お越し頂いた皆様ありがとうございました。(弥)

 

Comments are closed.