アカマンマとシスコ

9月 26, 2019

お彼岸も終わり、秋の深まりを感じる今日この頃です。

散歩コースの民家の空き地に、なつかしいアカマンマが揺れていました。

アカマンマ

シスコが「とんぼとり」の中で描いていたタデ科のお花です。

昔は子供たちが果穂を集めて、お赤飯に見立ててままごと遊びをするなど親しまれていました。

塔本シスコ

「とんぼとり」 97×130 キャンバスに油彩 1970年

Pictured: Shisuko TOMOTO, ”Catch a dragonfly”,

1970, Oil on canvas, 97 x 130 cm.”

 

麦わら帽子の少女が赤とんぼをとらえようとしています。

画面左下に描かれているのがアカマンマ、中央に大きく描かれているのはジュズダマです。

ジュズダマもシスコが愛した野草ですが、いまは河川敷を探してもなかなか目にすることがありません。

現在でも人気があるのは、やはりコスモスでしょうか。

これから行楽日和、コスモス畑に出かけるのも良さそうですね (*^^*)

皆さまどうぞ良い秋をお過ごしください。(弥)

 

Comments are closed.