ラクガキのススメ

7月 27, 2020

久しぶりの更新となりました。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

コロナウィルスも夏には落ち着くだろうと漠然と考えておりましたが、いまだに猛威を振るっています。

さらに長引く梅雨や豪雨災害のこともあって、気持ちが落ち着きませんね。

大変な状況の方々もいらっしゃると思いますが 少しでも心安らぐ時間を どうか過ごせますように・・・。

 

 

さて、本日は埼玉大学の小澤基弘先生監修の元、あいり出版様より刊行された『ラクガキのススメ』という本をご紹介いたします。

ラクガキのススメ

 

皆さまは最近、「ラクガキ」しましたか?

この本は、「ラクガキこそ美術表現ひいてはあらゆる表現の根幹である」と考える教育系大学の先生方が「ラクガキの会」というものをつくって、多様な「ラクガキ論」をとりまとめたものです。

その中で、世田谷美術館の橋本善八様が塔本シスコを紹介してくださいました!

 

シスコの美術表現は、たしかにラクガキからはじまっているかもしれません。

たとえば、この絵はどのように見えますか?

shisukoTOMOTO

花がいくつか描いてあって・・・中央に描かれているのは、人物でしょうか?

描いた本人以外には、なんだかよくわからない、ラクガキ風の絵です。

実は、この絵は 塔本シスコが1990年に描いた「春の庭」のためのドローイングです。

画面左下の部分がその部分にあたります。

shisukoTOMOTO

シスコは「ラクガキ」をするような気分で、とにかく手を動かすことでインスピレーションを得ていたのかもしれませんね。「ラクガキ」の世界はなかなか奥が深いです!

 

『ラクガキのススメ』は、全国の書店にて絶賛発売中です。

ぜひお手にとってご覧くださいね。(弥)

***********************************************

『ラクガキのススメ』

小澤基弘 監修 ラクガキを考える会 編

「ラクガキを考える会」
高須賀昌志/石上城行/石井壽郎/花澤洋太/クリスチーヌ・プレ/有原穂波

「執筆協力者」
春原史寛/工藤稜/西尾尚美/古野まほろ/藤原さと/坂井貴文/綿貫啓一/高橋哲/菊原伸郞/荒井良二/佐々木亜希子/大橋修一/野村亮太/ 石田和人/加藤知恵次/小西広大/藤井健志/小倉範彦/中野優子/川西宏之/橋本善八/皆川明/清水由紀/星野富弘/豊増彩華/町田久美

あいり出版 商品コード: 978-4-86555-076-4

販売価格(税込): 2,200 円

************************************************

 

Comments are closed.